ルーレットの戦略

単純に言えば、ルーレットの戦略とは、プレイヤーが勝率を上げるために、予測やプログレッシブステークに基づいて採用するシステムのことです。ルーレットで最大限に稼ぎたいなら、個人的な目標やプレイスタイル、さらにはオンラインルーレットをプレイするにあたっての予算などにあった適切な戦略を選ぶ必要があります。

ルーレットのシステムと戦略

特に大きな成功を収めてきたルーレット戦略には、思慮深い資金管理と一連のベットにおける選択が重要となってきます。

つまり、あらかじめ設定した目標に近づけてくれる戦略があるのです。これは大抵の場合、なんらかのルーレット用のベッティングシステムに従うのが最も簡単です。様々なルーレット戦略が存在し、それぞれがユニークな形で勝率に影響します。

ルーレットでは、ベッティングの種類や各ラウンドでいくらベットするのかなど、一連のルールに従うことが求められます。大抵の場合、ホイールの1スピン、つまり1ゲームの結果によって、次のベット方法が決まってきます。ルーレットの戦略やベッティングシステムの難易度や複雑さ、賭け金の要件などはそれぞれ異なります。

ここからは特に有名なルーレット戦略の一部をご紹介します。

マーチンゲール法(赤黒システム):最も有名なルーレット戦略、つまり最善のプログレッシブ戦略といえば、「赤黒システム」という俗称を持つマーチンゲール法です。

この方法はその人気に比してシンプルなのが特徴です。マーチンゲール法は最も多くのプレイヤーに採用されており、1対1のペイアウトに有効な方法です。外れた場合は賭け金を2倍に増やし、当たった場合はそのままの額で継続します。このシステムには、内容を反対にしたものや、賭け金3倍でよりアグレッシブに行うものなど様々なバリエーションが存在します。

ラブシェール法 : いわゆる「ネガティブ・プログレッション」型の方法で、資金を管理し、止め時を計るルーレット戦略です。特にルーレットと相性が良いことから、ルーレットプレイヤーの間では非常に人気があります。 

ピボット法 : 人気のピボット戦略はトラッキングシステムで、繰り返し登場する数字を見つけ出そうとする戦略です。これは長期的なプレイや、時々ルーレットをプレイするというプレイヤーに最適です。どんな種類のルーレットでも使うことができ、幅広く採用されています。

ホールテーブルカバレッジシステム :名前が示すように、ルーレットテーブルの大半をカバーする、つまり少額のベットで広範囲をカバーするシステムで、できるかぎりの利益を確保しようとするものです。ルーレットプレイヤーの間で非常に人気があり、幅広く採用されています。 

戦略とはプレイヤーの可能性を高めて利益をもたらすためのものですが、ギャンブルはリスクを伴うものであり、そのリスクを完全に消すことはできないということは忘れてはいけません。大事な貯金を崩してうまくいくだろうと思ったギャンブルの戦略に全てを注ぎ込み、大金持ちになれるかもしれないなどと考えるのは愚かです。これには経験豊富なプロのギャンブラーなら誰もが同意するでしょう。